福山市 笠岡市 浅口市 倉敷市 岡山市 広島市の不動産・中古住宅・土地・中古マンションならクレスト不動産販売

耳寄りコラム

想定外にかかる住宅ローンの諸費用!

住宅ローンは諸費用がかかる

マイホームを購入する時に利用する住宅ローンは、融資金額以外に諸費用が必要になってきます。

最近は借り入れする金融機関によって必要な諸費用が異なることもあるので、どのような諸費用がいくらくらい必要になるのか、事前に知っておくことは住宅ローン選びの大事なポイントになります。

 

住宅ローンを借りるときに必要となる主な諸費用

①団体信用生命保険
借り入れた本人(=保険加入者)が死亡・高度障害状態になった時に、生命保険会社から支払われる保険金によって住宅ローンの残債が弁済 される制度です。残された家族にローンが残らないので、安心して住み続けることが出来ます。原則、民間金融機関の住宅ローンは加入が条件ですが、フラット 35は任意となっています。通常、保険料は金利に含まれます。

②保証料
住宅ローンを組む際に求められる連帯保証人を信用保証会社に引き受けてもらうための費用です。保証料の支払いには「一括前払い型」と「金利組み込み型」があります。

③融資事務手数料
住宅ローンを組む際の手続き費用です。

④印紙税
住宅ローンを組む際に契約する金銭消費賃貸契約証書(ローン契約書)に印紙を貼る必要があります。

⑤火災保険
ローンの担保になる住宅には長期の火災保険を付ける必要があります。

⑥抵当権設定費要
抵当権を設定するための登録免許税と司法書士の報酬が必要になります。

 

今回のまとめ

住宅ローンの仕組みやそれぞれのローン商品の特徴、それらにかかる諸費用の額などをしっかりと把握した上で、購入時も購入後もなるべくゆとりある資金計画を立てておきましょう。
ご不明な点がございましたら、何なりとご相談ください。

会社概要 qrコード メールでのお問い合せ お電話は084-957-8000 facebook