福山市 笠岡市 浅口市 倉敷市 岡山市 広島市の不動産・中古住宅・土地・中古マンションならクレスト不動産販売

耳寄りコラム

地盤不安を解消!改良工事のPOINT

地盤改良のススメ

山林が多く平坦地が少ない我が国においては、はるか昔より海を埋め立てることにより土地を作り出してきました。福山市もその典型的な例で、江戸時代より干拓工事が始まり昭和に至るまで続き、現在の福山市が形作られました。
したがって、土地の地盤は大変柔らかいところが多く、家を建築する際は地盤改良工事が必要になる場合があります。今回は、その代表的な工法をご紹介します。

 

① 表層改良
軟弱地盤の層が地表から2m以内の場合に軟弱地盤層の強度を上げ、株の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。
費用は1階の床面積が20坪程度で、深度1m程度を改良する場合、およそ30~50万円ほどが目安です。

② 柱状改良
軟弱地盤が2m以上8m以下の場合に用いられる方法で、土の中にコンクリートの柱を造ってしまう方法です。
費用は1階の床面積が20坪程度で、深度4~5m程度改良する場合、およそ70~100万円ほどが目安です。

③ 鋼管杭
建物が軟弱な場合に地中に打ち込む鋼製の杭のこと。深度30mほどまで施工可能。
費用は1階の床面積が20坪程度で、深度5~6m程度の鋼管杭工事の場合、およそ110~140万円ほどが目安です。

 


今回のまとめ

地盤工事には当然費用がかかりますので、地盤の硬さも考慮した土地選びが大切です。しかし、工法を理解し、その土地にあった改良工事を選択することで、立地面などの住みやすさをメインにした物件選びが可能になります。
まずは、お気軽にご相談ください。

会社概要 qrコード メールでのお問い合せ お電話は084-957-8000 facebook