福山市 笠岡市 浅口市 倉敷市 岡山市 広島市の不動産・中古住宅・土地・中古マンションならクレスト不動産販売

競売代行

競売は市場価格より割安で物件を取得できますがリスクを伴います。
クレスト不動産販売の競売代行は、事前調査から入札、取得まで
お客様が安心して競売取得を行なえるようサポートします。
競売代行に関するご相談・ご説明は無料ですのでお気軽にどうぞ。

競売代行とは

競売物件とは、不動産を担保に借金をした債務者が返済できなくなったため、債権者に代わり裁判所が売却する不動産物件のことを言います
その競売物件を購入希望者が入札し、最高価額で落札するシステムのことを競売といいます。
競売代行業務では、競売物件を落札したい方に代わって、その落札から引渡しまでにかかわる業務一切を代行することです。

 相談説明無料・競売専門担当・実績多数  

競売代行のメリット・デメリット

競売取得のメリット 競売取得のデメリット
裁判所の競売手続では、落札後の諸手続も買受人が自分で行う必要があることや、物件に占有者がいたり、
境界等が不明な場合もあることから、最低売却価額については通常の取引価格よりも2~3割程度安い価格で決定されています。
そのため希望予算では手に入らない地域や環境の土地、建物を手に入れることが可能です。
競売物件は、あらかじめ物件の内見をすることはできません。一般的な中古物件を購入する場合でも、ほとんどの場合リフォームが必要となりますが、競売物件の場合は、スムーズに引渡しが出来ても荒れ放題の場合もあり、落札後でなければ正確なリフォームの予算立てが出来ません。裁判所の競売手続においては、通常の不動産業者が扱う物件のような手続やサービスは行われず、また落札後の諸手続等も買受人が自ら行わなければなりません。

 

 

不動産買取の流れ

kaitori_step1

1.入札

購入したい物件が決定したら
入札申込書に保証金(最低売却価格の20%)の振込書を添えて提出します。

kaitori_arrow
kaitori_step2

2.開札

入札期間が終わると予定された期日に開札が行われ、最高価格買受人を決めます。
落札できなかった場合、保証金は数日後に変換されます。

kaitori_arrow
kaitori_step3

3.売却許可

最高買受人が決まると、その買受人に不動産を売却するか否かを裁判所が判断します。

kaitori_arrow
kaitori_step

4.代金納付

買受人に対して裁判所から代金納付期限の通知があります。

kaitori_arrow  
step5

5.登記

残代金が納付されると、裁判所は登記所に対して
買受人に所有権の移転登記をするように嘱託します。

kaitori_arrow  
step6

6.引渡し

所有権を取得した買受人は、引き継がなければならない賃貸借を除き、
不動産を占有している者に対して立ち退き交渉することができます。

会社概要 qrコード メールでのお問い合せ お電話は084-957-8000 facebook